漫才ネタのフリー素材「コンビニ」

Fun4All / Pixabay

 

どうも。皆さまお変わりなく。普段生活していて急に漫才しなきゃいけなくなったとか、ライブ当日でも全く漫才ネタができてないとか日常生活あるあるだと思います。

そんなあなたにフリーの漫才ネタ書いてみたのでもし必要な方はご自由にアレンジして使ってくだせい。

コンビニ

ボケ(以下ボ)「こんにちはー!●●(コンビ名)です!どうぞよろしくお願い致しまーす!(大きな声で深々とおじぎ)」

突っ込み(以下ツ)「声でか!気合い入りすぎだろ(ちょっと引き気味)」

ボ「いやな、最近バイト先でさ、店長に『もっとハキハキしろ!接客業はあいさつが命だ!もっと腹から声を出さんかいボケぇ!!!』って言われたんだよね」

ツ「あぁ、たしかにな。お前普段はボソボソと話して何言ってっかわかんねぇことあるし。ただでさえ存在感ないのにボソボソ話すから接客業向いてねぇよ。この前も後ろからボソッとした声で『ねぇ、●●(突っ込みの名前)。ネタ合わせやろうよ』って言われたて幽霊に話しかけられたのかと思ったわ」

ボ「ひどっ!そこまで言うことないだろ。おれも店長にしっかりしごかれたから接客業ばっちこいよ!どんなもんか見せてやる、あ、違うな。ごゆっくりご覧ぐださーい!(大声出して立ち去ろうとする)」

ツ「急に大きな声を出すな、うるさいなぁ。あとどこ行くんだよ」

ボ「(少し離れたところで注文を聞いているふり)煮物がいってーん!チューハイがいってーん!」

ツ「役に入るのが早いわ!こっちは何の役すりゃいいかもわからんし。ちょっと!○○(ボケの名前)!」

ボ「少々お待ちくださーい!順番に対応しておりまーす!」

ツ「俺はせっかちなお客さんか!違うわ!ちょっと戻ってこい」

ボ「(元の位置に戻る)え?なに?」

ツ「なに?じゃねぇわ!急に始めんなよ。そもそもこっちはお前のバイトが何なのかも聞いてねぇんだよ」

ボ「コンビニの夜勤」

ツ「は?」

ボ「いや、コンビニの夜勤だって。さっきもあっちでレジ打ちしてたじゃん」

ツ「あれレジ打ってたの?居酒屋かなんかで注文聞いてたたんじゃないのかよ」

ボ「あれは注文を繰り返してただけだよ」

ツ「いらんわ!コンビニのレジで注文繰り返すな!静かにレジ打て!しかも夜勤だろ。うるさくしなくていいだろ。大声出せって店長頭おかしいのか」

ボ「いやいや。店長のことは悪く言っても良い。俺のことは悪く言うな」

ツ「逆だ逆。店長のこと売って自分だけ助かろうとしてるやつになってんぞ」

ボ「そうだけど?」

ツ「そうなのかよ。店長のこと嫌ってんじゃん」

ボ「(壁ドンする素振り)あんなやつのことは考えないでいいから。早くヤらせてよ。おれもう我慢できないんだって」

ツ「言い方が気持ちわりいよ!浮気現場みたいにすんな。じゃあ俺がお客さんやるからお前コンビニの店員さんな」

ボ「うーい」

ツ「あぁ、喉乾いたなぁ。お、コンビニあんじゃん。ちょっと寄ってこっかな。ウィーン」

ボ「(相方とは逆を向いて)ちょっとどういうことですか店長!これで十連勸目ですよ!新しい人なんていつ来るんですか!休みもないし時給も上がらない!品出しもレジ打ちも一人でこなさなきゃなんない!やってられません!やめさせていただきます!(相方に気づく)あ、いらっしゃいませー」

ツ「買い物できるか!なに修羅場繰り広げてんだよ!バックヤードでやれ!どういう気持ちでレジ並べばいいんかわかんねぇわ。っていうか不満爆発してないときのバージョンにしてくれ」

ツ「うーい」

ボ「あとさっきからなんだその態度。腹立つわぁ。あ、コンビニがある。入ろうっと。ウィーン」

ツ「いらっしゃいませ、こんにちはー。ぽんぽこぽーん」

ボ「道頓堀か!お好み焼き屋さんみたいになってんじゃねぇか」

ツ「あ、コンビニだ。ウィーン」

ボ「へい、らっしゃい。一名様ご来店でーす!へい、らっしゃーい!」

ツ「大衆居酒屋か!さっきから何で飲食店なんだよ!お前がコンビニの店員やりたいって言ったんだろ。ちゃんとやれよ」

ボ「うーい」

ツ「その気のない返事やめろ。腹立つなぁ。コンビニ入店!ウィーン」

ボ「お客を接客!ガシャーンガシャーン(ロボットっぽく)イラッシャイマセー」

ツ「なんでロボットなんだよ!」

ボ「『コンビニ入店!ウィーン(ロボットっぽく)』って言ったから『あ、こいつ急にロボットになったなぁ…俺も合わせてやるかぁ』って思って」

ツ「なってねぇわ!気狂ってんのか!ってかどんだけコンビニ入るのに手間取ってんだよ。さっさと店入らせろ。ウィーン」

ボ「いらっしゃいませー(品を出してる素振り)」

ツ「飲み物ちょうど補充してるのか。こういう時って手伸ばしていいのか悩むよな…。あぁ無償にヴァンホーテンの紙パックココアが飲みたいのに…。邪魔にならないように取るか(右に寄る)」

ボ「(タイミングよく右によって邪魔する)」

ツ「おっと、(左による)」

ボ「(タイミングよく左によって邪魔する)」

ツ「あれ?あれ?(左右にステップ)」

ボ「(左右にステップ、だんだんとリズムよく、良い感じの腰つきで、しばらくしたら振り替えってお互い向き合って楽しくステップ)」

ツ「(しばらくステップしたあと)…これなんだよ!なんで二人でステップ踏んで踊ってんだよ」

ボ「いやぁ、なんか楽しくなっちゃって(笑)」

ツ「さっさと商品とらせろ(商品を掴む素振り)、レジに持っていくか。店員さんお会計!」

ボ「はい、少々お待ちください(片付けるそぶり)」

ツ「まぁでも夜勤って大変だよなぁ、ああやって補充したり接客したり一人でやるんだもんなぁ」

ボ「(しばらく片付ける素振り)」

ツ「…遅いな。店員さーん。ちょっと急いでもらって良い?」

ボ「あなたがステップしてたせいで床に飲み物が散らかったんじゃないかー!」

ツ「あぁ、ごめんごめん。ってその設定引きずってたのかよ。いいからレジ来いって」

ボ「お待たせしましたー」

ツ「めっちゃ待ったわ。さっさとね」

ボ「ピッ…あれ?おかしいな。ピッ(何かを手に取りながら)」

ツ「あー、バーコード読み込めないの?」

ボ「いやぁ、手をスキャンしてみてるんです。ほら僕の手相ってちょっとバーコードっぽくないですか?(笑)」

ツ「あぁほんとだぁ…たしかにバーコードっぽいねぇ…(うんうん頷いて間を開ける)…。はぁ?」

ボ「はぁ?(逆ギレ)」

ツ「お前がキレるのはおかしいだろ!なんでお客さんの商品そっちのけでピッピピッピ手のひらスキャンしてんだよ!こっちは急いでんの!ちゃんとやって!」

ボ「ちっ(舌打ち)」

ツ「態度悪!」

ボ「…円です(ボソっと)」

ツ「え?」

ボ「120円です(ボソッと)」

ツ「声ちっさ!なんで急にそんなんなるん?」

ボ「ちゃんとやれって言ったし、普段のバイトのテンションでいいかなって」

ツ「今までのなんだったんだよ。でもこれが普通だとしたら店長の気持ちわかったわ。ちゃんと腹から声出せやぼけぇ!」

ボ「…はい。こちらお品ものでーす。ありがとうございましたー(ボソッと良いながら品物を渡す素振り)」

ツ「ぜんぜん聞いてねぇなこいつ(商品を受け取って立ち去る素振り)」

ボ「(立ち去る相方の後ろに忍び寄って)…お客さん、おつり忘れてます」

ツ「うわ、びっくりした。後ろからボソッと話しかけるなよ。呪われたかと思うわ…ってか全然できねぇじゃん」

ボ「そんならコンビニじゃなくて飲食店のバイトするわ」

ツ「いい加減にしろ」

ボ「どうもありがとうご」

ツ「ありがとうございましたー!(接客風に大声で)」

ボ「それをさっきやれよ!」

28歳。男性。太っているか太っていないかでいったらデブ。わかばたいむす副編集長。

お問い合わせはこちら